トップ «前の日記(2003-09-08) 最新 次の日記(2003-09-10)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2003-09-09

_ 映画が見られるイタリア料理の店

残念なことに今週いっぱいで店じまい。

トニーコロンのやつも見たかったな。

_ kshとRuby

どうやら、Rubyをスクリプト言語の標準として認めさせた模様。

おいら含めてksh(bsh)でスクリプト書くのがダメダメな人が多いからね。でちょっと疑問に感じたんだが、世の多くはWindowsならWindowsだけ、UnixならUnixだけしかやらないんだろうか? Javaにメリットを感じている企業なら、Rubyにも同様なメリットは見えると思うんだが。

以下、余談。単なる事実だけ。

date = '20030704' # yyyymmddで日付が入り込んでくる。

y = Integer(date[0..3])

m = Integer(date[4..5])

d = Integer(date[6..7])

というようなスクリプトを書いた人がいて、8月1日に、ちょっと問題になりましたとさ。

このへんは、Windowsなメンバーにはわかりにくいかもなぁ、とは思うが。

たとえば、Windowsで

ping 127.08.08.1

とやってみてから、LinuxでもなんでもU系文化で

ping 127.08.08.1

をやると、inet_addr(とは限らないけど)の振る舞いが異なって痺れますな。

D:\home\arton>ping 127.08.08.1

Pinging 127.8.8.1 with 32 bytes of data:

Reply from 127.8.8.1: bytes=32 time<10ms TTL=128

[root@monde root]# ping 127.08.08.1

ping: unknown host 127.08.08.1

[root@monde root]# ping 127.8.8.1

PING 127.8.8.1 (127.8.8.1) 56(84) bytes of data.

64 bytes from 127.8.8.1: icmp_seq=1 ttl=64 time=0.202 ms

#Windowsプログラマを100人集めたらU系の振る舞いを説明できない人数は90人を超えると予想。

#chmodがある限り、しょうがないかも。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]
_ なかだ (2003-09-10 07:05)

Windowsプログラマというより、Cになじみがない人のような。

_ arton (2003-09-10 08:21)

うーん、でも、僕も現実世界のプログラムで(たとえばWin32APIの引数として)8進で定数を書く必要って感じたこと1度もないんですよね。あれって1ワード12ビットの世界以外で意味あるとも思えないし。

_ arton (2003-09-10 08:23)

現実世界で使わない=身につかないということですが。

_ arton (2003-09-10 08:49)

って言うか、Cはあまり関係ないでしょう。例はpingにドット形式を食わせたときに、Windowsだとリーディングゼロを無視するって話だから。と思ったけど、0開始=8進数ってのはCのコンセンサスだから、なかださんの言われるとおりかも。


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|

ジェズイットを見習え