トップ «前の日記(2005-06-24) 最新 次の日記(2005-06-26)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2005-06-25

_ rbj

rjb-0.2.1

staticメソッド周りと大文字関係のあたり。

_ 淡々としかしにんまりと書くぞ

はぶさんとっから回ってきたから堂々と書くぞ。

これ、どっかで見たのも含めて3種類くらいの楽しみが書く側にあるね。

  1. オレサマ趣味自慢(つか、これは勝手にいつも書いてるからどうでもいいんだけど)
  2. 堂々アサマシ(これもいつも勝手にやってるからどうでもいいね)
  3. バトンを回す行為(やっぱ、ここなんだろうな、と思う。だっていろいろ考えてると楽しいもん)

では、

Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
一番いっぱい入っているPowerBook 15について言うと12.79GB
Song playing right now (今聞いている曲)
Lexicon of Love(ABC) これは嘘だな。ABCだからiTunesのライブラリの先頭にあって、今これを書くためにPowerBookを開いてサイズ見るためにiTunesを起動したからだ。 とは言え、MGMの巴里のアメリカ人を持ってきたセンス、これっぽちもソウルのかけらすらないのにちゃんと聴かせる音の作り方。まったく嫌いではない。魂の軽さは知性でカバーできる(数年は)ということを教えてくれた見事なバンドだ。
The last CD I bought (最後に買ったCD)
Definitive Art Tatum(Art Tatum) 気の迷い。どっかのblogで褒め千切っていたわけかどうかはわかんないけど、とにかくばかばかしいほど指が達者な人のようなことが書いてあったので興味を惹かれて買った。でも、当たり前だけどジャズだ。で、このジャンルはやはり波長が合わないと再確認しただけのことになってしまった。というわけでそういうこともある。
Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)
ロシュフォールの恋人たち [DVD]

映画だけど、やっぱこれかな。ミシェルルグランの自己言及な歌とか、ダムダムとか、おいらは興行師とか、双子座の姉妹とか、火と土ととか、マクシミリアンのしみったれた唄以外は全部好きだ。

マーラー:交響曲第9番(ワルター(ブルーノ)/マーラー/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団)

おお、CDでも出てるのか(当然だ)。こいつのGR盤、本当に宝物のように聴いたのだ。聴かなくても針音があり、聴けばますます針音が入る。だから、1回聴くたびに磨り減って行くのだということを本当に意識して息を潜めて聴く、そういう演奏だ。っていうか、そういう聴き方って今は不要なんだから楽になったもんだな。

動乱(獣を野に放て)(紙ジャケット仕様)(ザ・クラッシュ)

クラッシュはサンディニスタが7賢人とかヒッツビルUKとか散りばめられていて全体としては好きなんだが、どれか1曲であれば獣に自由に動けるだけの余地をやってくれのステイフリーだ。

Permanent(Joy Division)

ジョイディヴィジョンの愛が僕らを引き裂いちゃうだろう。きっとそうだろう、は今でも好きだ。 モノトーンで、ドンドコいうだけのリズム隊、いつも同じように吠えながら低い声で唸っているだけのイアンカーティスの声、どの曲を聴いても受ける印象はほとんど同じ(アトモスフィアはちょっと特殊だ)。だから飽きてしまうし、通して聴く気にはならない。 でもヴァルターがヴィーンを振ったマーラーの9番のGR盤と同じく、ファクトリーの17"のLove will tear us apartもまた宝物である。聴くのがもったいなくて、ファクトリーのオリジナルLP(でもStillはあまりにもつまらないから捨てたような気がするな)2枚と、17"のトランスミッション、シーズロストコントロール、ラブウィルティアラスアパートは今もどこかに残っている。

エリザベス朝のヴァージナル音楽名曲選(グールド(グレン)/バード/ギボンズ/スヴェーリンク)

グールドを聴き始めてしばらくした頃、ジェシカラングの翔ぶのが怖いという小説がベストセラーになった。その中でグールドのゴルトベルク変奏曲を聴くシーンが出てくる。というようなどうでも良いことは別にして、一番好きなのはエリザベス朝のヴァージナル用の曲をピアノで楽しそうに弾いているこのアルバム(とCDについても呼ぶのかな)。

バルトークが出てこないな。水みたいなもんだからか。実際に一番良く聴くのはポリーニとアバードのバルトークのピアノ協奏曲の1と2のカップリングだ。

Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5人)
やっとたどり着いた。 条件は、とにかく年が離れてること。だってそのほうが面白いもん。知らない世界だし。か、年が近いこと。そのほうが相違がわかって面白いじゃん。というわけで(既にバトンを捨てまくってる可能性もありそうだけど、とやはり一応は言い訳をしたくなるものだな)
本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]
_ ryugate (2005-06-26 00:02)

こんにちは、RjbQandAにclassのロードについての質問をさせていただきました。どうぞよろしくお願いいたします。


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|

ジェズイットを見習え