トップ «前の日記(2006-08-06) 最新 次の日記(2006-08-08)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2006-08-07

_ メモ

OSFlash:オープンソースのフラッシュ関係のプロジェクト

Flash/JavaScript Integration Kitの使い方を解説してくれているページ。

MTASC:ActionScriptコンパイラ。(OCamlで書かれたコンシューマアプリケーションって初めて目にした)

Flash 8 Documentation

_ MTASCでExternalInterfaceを使う場合

-version 8

を指定する。

_ XMLSocket#send

The XMLSocket.send() method does not return a value indicating whether the data was successfully transmitted.

いや、非同期なんだからメソッドの戻り値として示せないのは良いのだが、なぜ、イベントを発行しないのかと。

#確定応答方式を使わなきゃだめなのか。面倒だな。

_ フラッシュの作り方

今、よくわからないし、SDK調べるのも面倒なので、勘とAPIのつまみ食いで以下の手順で作っている(不可視フラッシュ)。

このやり方が唐変木なのは自覚しているので、もっとうまい(具体的にはRake一発で作れるような)方法を教えてください、えらい人。

  1. ParaFla!を起動して、最初のトラックをスクリプトにして目的のクラスを作る。コンストラクタへHTMLで指定されているパラメータを与える(というか、パラメータを取りたいことだけが目的)。
    obj = new MyFlashClass(param1, param2, param3);
    obj.start();
    
  2. ParaFla!で上のフラッシュからSWFを生成。ここではmyflash.swfと仮にする。
  3. 上のスクリプトから呼ばれるクラスをActionScriptで作成。
    class MyFlashClass {
        function MyFlashClass(arg1, arg2, arg3) {
            ....
        }
        function start() {
            ....
        }
    }
    
  4. MTASCでコンパイル&バインド(リンク?)
    mtasc -version 8 -swf myflash.swf myflashclass.as
  5. 使う。

問題点:手順的にParaFla!の工程がビルドスクリプトで処理できない。

→ 結局は、HTML(objectタグ)で指定されたパラメータのとり方を調べりゃ済むのかな?


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|

ジェズイットを見習え