トップ «前の日記(2006-09-11) 最新 次の日記(2006-09-13)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2006-09-12

_ ファクトリメソッドかインスタンスの貼り付けか

微妙なシンクロニシティもあって、昼の仕事でC#でコンポーネントを作っているのだが、どうも勝手が違う。
Javaに慣れすぎたせいか、どうしても
 public static Foo createNew() { return new Foo(); }
 private Foo() { ... }
みたいに書きたくなるのだが、そうするとどうしても、ツールボックスに貼り付けてプロパティエディターでプロパティを永続化して……みたいな利用方法はできなくなる。あたりまえだけど。
どっちが良いか考えてみると、実に微妙な問題だ。
そういえば、COMシングルトンのベストプラクティスを思い出す。
COMではシングルトンは内部オブジェクトにしておいて、ユーザーにはラッパーのインスタンスを与える(したがってマルチインスタンスに当然なる)のがベストプラクティスだ。マーシャリングの問題とかをマルチインスタンスとして生成されるCOMのコンポーネント側で吸収できるからだ。
同じように考えるのが良いかな? (とは決めにくいのだけど)
貼り付け可能にしてユーザーへ与えるコンポーネントは 1……n:1 の関連で、内部で利用するオブジェクトへの参照を持つようにする。内側が外側で外側が内側。
それに関連しなくもなく
public class Foo : Component {
    public Foo(IContainer container) {
        container.Add(this);
    }
    ...
}
というのを見て、なんとなく幸せな気分になったり。

_ 歴史を知らないからウヨ

ちょっと複数のBlogやらページやらで、昔はサヨばかりでどうしただけど最近はウヨも増えてきたから変なのが混ざって来ただけだよ、みたいな愚かなカキコミを見て困惑した。

確かに暴力団を雇って労組指導者を拉致したりするのは、実効力があるという意味ではこれっぽちも「変なの」ではないかも知れないし、滅び行くものを守ることが滅ぶことであることを身をもって呈した三島由紀夫は単に特異点なのだろうけど、それでは権藤成卿の社稷という不思議な概念や、単なる論難の固まりで何がしたいのかまったくわからない北一輝や(そのあたりのなんだかわからないけどムシャクシャするんやみたいな気分が喧嘩えれじいに最終的には昇華するのだろう)、というか思想(個人がどう世界と対峙するか)と政治(個人間の利害の調整をどう最大限の幸福に導くか)の境界をあいまいにしてる時点ですでに意味なんかまったくないのだ。

政治としての右翼というのは実効性がある(しかしそこには最大限の幸福という政治のもっとも重要な観点は欠落している=それは暴力装置としての実効性でしかない)。しかし思想としての右翼というものにはまるで意味がないし、かって意味があったためしがないし、なんの価値もない。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]
_ mumurik (2006-09-12 11:30)

でもコンストラクタでAddとか副作用のあるような物をたくさん呼ぶと、Testハーネスでのinstantiateが難しく…(それはまた別件ですが)


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|

ジェズイットを見習え