トップ «前の日記(2008-12-22) 最新 次の日記(2008-12-24)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2008-12-23

_ ホーリーウッド!

ドイツ人が!

はてしない物語 (上) (岩波少年文庫 (501))(ミヒャエル・エンデ/Michael Ende/上田 真而子/佐藤 真理子)

ネバーエンディング・ストーリー [DVD](ミヒャエル・エンデ)

みたいなものかね。

ところが、考えてみると、上の例は内容(メタデータ)の改ざんで、視覚表現(コード)については元々自由な実装を許す構造となっている。

メタデータでは幅がありすぎるから、それをより直截なものとしてアルゴリズムと置き換えて考えてみる。

ある作品には、アルゴリズムとコードがある。当然だ。

たとえば、アルゴリズムを変えずにコードを変えた例として、次の作品がある。

勝手にしやがれ [DVD]

ブレスレス [DVD]

実は大傑作らしいが(今となっては観ておけば良かったと後悔したり)、ジーン・セバーグとヴァレリ・カプリスキではまったく異なる。前者は薄く、後者は濃い。

この場合、コード原理主義の立場さえ取らなければ、どちらも楽しめるはずであり、それが娯楽の王様の映画というものだ。

アルゴリズムとコードの両方を変えたものは、無条件に、ナイス・トライの一言をかけてやるべきだろう。

新造人間キャシャーン COMPLETE DVD-BOX ~ALL EPISODES OF CASSHERN~(吉田竜夫/天野嘉孝/菊池俊輔)

CASSHERN [DVD](紀里谷和明/竜の子プロダクション/菅正太郎/佐藤大)

(今となっては観ておけば良かったと後悔したり)

それが単なるナイス・トライなのか、別次元を切り開いた大傑作かはともかくとして。

と、考えると、問題はコード原理主義の偏狭さにある。

彼らは、リファクタリングを許さない、ということだ。

リファクタリングなしのプログラミングなんて、インスタントのコーヒーにわけのわからない白い粉を入れた飲み物みたいだ。

しかし、リファクタリングのためにはユニットテストが必要という正論もある。

映画におけるユニットテストとはなんだろうか。

コード原理主義者の考えるユニットテストというのは、CheckStyleのようなものなのだろう。くだらない。君らはトレースしたものを眺めていればよろしい。

DRAGON BALL #1 [DVD](鳥山明)

おれにとっては、それは、おれが先入見をゼロにして観たときに、どれだけ楽しめたかどうかだ。そうか、「おれ」がユニットテストなのか。

16世紀のイギリス人は、学問というものを先入見(イドラ)からの脱却と規定した(すごく大雑把な理解なので眉に唾が必要)。

学問の進歩 (岩波文庫 青 617-1)(ベーコン/服部 英次郎/多田 英次)

失敗すれば改竄で、成功すれば改良、突き抜ければ革命となる。

いずれにしろ、先入見にとらわれるのは、つまらない。つまらないものは退屈だ。退屈というのは、同じだからだ。同じということは繰り返しということだ。繰り返しは嫌いだ。ああ、嫌だ。

達人プログラマー―システム開発の職人から名匠への道(アンドリュー ハント/デビッド トーマス/Andrew Hunt/David Thomas/村上 雅章)

というところで、オリジナルに触れて心をなごませたりする。

動物会議 (大型絵本)(エーリヒ・ケストナー/イェラ・レープマン/ヴァルター・トリアー/池田 香代子)

アメリカから来た黒いネズミを異なるコードで示した例。


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|

ジェズイットを見習え