トップ «前の日記(2013-09-05) 最新 次の日記(2013-09-07)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2013-09-06

_ 猫を飼い始めた(2)

承前

というわけで、先週の日曜日に子供とねこの里親会へ行った。Webページはなんとなく楽天とかを思わせる、あまり読む気になれないタイプなので、場所だけしか確認しなかった。そのため、どんな雰囲気なのかまったくわからない状態。

で、場所はわかったが入口がわからないという不思議な構造の建物なので戸惑ったが、受付で簡単なQ&Aみたいな紙に記入して中へ入ると猫が入った檻が結構置いてある。

ボランティアの人が近づいてきて、どんな猫が好きかとか飼うのは初めてかとかいろいろ聞いてくるが、特に考えていないので、返答に困る。僕は黒いのが好きだけど、子供がどんな猫が好きかは知らないなぁとか。

ざっと眺めると、福島で保護された猫とかもいて、そりゃ難儀な人生だから東京の猫にしてもいいかなぁとか考えるが、ちょっと育ち過ぎていて、子猫なら我慢できそうだとか言っている妻のことを考えると無理っぽい。子猫も2か月くらいから結構いる。

そのうち、こちらが何も考えていなそうだと思ったのか、ボランティアの人が、3か月くらいの子猫が良いのではないかとか姉妹の黒白猫を勧めてきた。2か月だとちょっと幼すぎるし、大きいとなつかない可能性もある(そもそも妻のことを考えると、大きいのは無理だ)。なるほどと納得していると、実際に檻から出して子供に抱っこさせたりしている。まんざらでも無さそうだ。猫はかわいいなぁ。

でも、もうちょっと見てみるといって、他の檻も見て回る。黒い猫もいるし、ちゃとらの猫もいる。キジ猫もいる。どんな猫でも猫は猫なので子猫はどれもかわいいし、育った猫はどれも困った感じでいる。誰でもいいや。考えてみると特に好みはなかったのだった。子供はどんな猫が好きなのかわからないから、子供に選ばせればいいか。

良く檻をみると保護した場所とか現在保護している人の居住地とかいろいろ書いてある。里親条件として現在保護している人の居住地に近い人というような限定も結構ある。そりゃそうだと思う。そこでさっきの姉妹猫の檻を見ると保護者は渋谷区とあり他の猫より圧倒的に近い。さらに2匹同時に飼える人とか書いてあるが、考えてみたら、昼は留守のことが多いのだから、2匹に留守番させとくほうが1匹に留守番させるより良さそうだ。なんのことはなく、最初に紹介された猫は最初に紹介されただけのことはあったのだった。

というわけで、するすると決まり、虐待しないこと、ちゃんと不妊手術させること、完全室内飼いすること、転売しないこと、といったいろいろな決まり事を書いた誓約書に同意することとか、保護者に対してワクチン代などの実費を払うこと、しばらくの間は保護者に対して写真付きで報告すること(保護者の判断次第で返還すること)といった決まり事の説明を受ける。

ふと、完全室内飼いするうえに、姉妹なんだから、なんで不妊手術が必要なんだ? と疑問に感じて聞いてみた。すると、発情して苦しまないから云々という返答がかえってきて、なるほどと納得すると同時に、実に筋が悪いなと感じた。

不妊手術、避妊手術という呼び方をしている限り、おれのような疑問を当然、持つのではないか。以前、飼っていた黒猫は昼は外飼いの雌だったので、当然不妊手術をしていた(その後、今度は雄猫を飼ったが、これも外飼いなので今度は避妊手術をやはりした)。そのため、おれは、さかりがついて大騒ぎというのを飼い主として経験していないので実感としてわからなかったが(野良猫がおわーいおわーいと大騒ぎしているのは経験しているが)、同じように、まだ飼ったことがなければ完全室内飼いで相手がいないのに不妊手術が必要というのはまったく理解できないだろう。理解できないものに、高い金を払う人間がいるとは考えにくい。結果的に、さかりがついて大騒ぎでいやになって捨ててしまう(発情できるくらいに成長しているのだから、そのまま恋に落ちて子猫を生み野良猫倍増)というような悪循環となるのではなかろうか。

こういうものについては手術の結果ではなく目的(もちろん、外飼いであれば目的は確かに不妊や避妊となるわけだが、ここでは室内飼いについてだ)を主とした言い方をすべきだろう。日本語だと去勢手術ということになるが、雌にはあまり使わない言い方なので、発情抑制手術とか、中性化手術とかが良いのだろうな。それにしても、人間に対することだと、知的障害・貧困を理由にした強制的不妊手術というのは実におぞましく感じるが、猫はペットだからなぁ。

それはそれとして、実際の引き渡しの日取りを決めて、その間に、トイレ、食事皿、水皿、エサ、爪とぎ、爪切り、エサなどを用意することといった説明を受ける。受付の脇で売っているからここで買えますよ、と言われる。なんとなく割高なんじゃないかなぁとか思ったが、その分が運営費用に回るわけだろうから、まあ良いかというわけで、高そうなカリカリと、爪切り、爪とぎなどを購入して、その日は帰った。

ロイヤルカナン FHN キトン 子猫用 2kg

(おすすめされて購入したロイヤルカナン。アマゾンだと随分と安いな。保護者に缶詰と混ぜないとカリカリだけでは食べないと言われたので、基本、混ぜて出しているのだが、夜とか皿が空になっているのに食べたがるときは、混ぜるのが面倒なのでそのまま出している。でも平気で食べているのでうまく作られているのだろう)

キャットスクラッチハウス

(おすすめされて購入した爪とぎの家。爪を勝手に研ぐのは良いが(すぐに爪とぎだと理解して研いでいたので、おそらく保護宅でもこれで爪を研ぐように躾けてあったのではないかなぁ)問題点もあって、プラスティックの留め具をよほどギュッと押さえつけないと外れやすいうえに、はずしておもちゃにして遊ぶので危なっかしい。それを除くと、相当頑丈で、屋根の上に上って良く遊んでいるがびくともしないので購入して良かったようだ)

(続く)


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

ジェズイットを見習え