トップ «前の日記(2014-10-24) 最新 次の日記(2014-11-01)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2014-10-30

_ ネコ学

妻が図書館でネコ学入門という本を借りて来たので読んだ。

著者はイギリス人らしい。

最初の数ページはとてつもなくおもしろく、わくわくさせてくれる。

人間とはまったく異なる生物がどのような思考体系を持つのか、それを解明してコミュニケーションに役立てることを考えるというようなことが書いてある。

まるでファーストコンタクトものSFみたいだ。

そういう発想でくるのか。ある点では行動経済学的なアプローチのようでもある。

が。

本文に入るとそこまではおもしろいものではなかった。

むしろ、この人のバイアスが不思議になってくる。

イギリスでは犬よりも猫のほうが飼われているという数値がデータとして示される。なるほど。

人間がネコを飼う効用は他者から頼られるということに由来する満足感を高めることであり、それは自尊心の問題である。したがってノラネコに餌をあげる専ら高齢の女性がいるが、そのような効用があるからだ。

うーん、まあそうだろう。

生後2か月の間に親猫から他の動物とのつきあい方などなどを教育されたかどうかで、その後が変わる。そういうことはありそうだ。未熟な親に育てられるとなつかないネコになる。

それもあり得るかも知れない。

ネコ用トイレ砂のイギリスでの消費量についての記述がある。

次の瞬間、筆者はこれは妙だと書く。なぜならば、生後数か月したらトイレ砂は不要となる。なぜならば、庭に穴を掘って排泄して自分で埋めるから、トイレはいらないからだ。

ちょっと待った。家猫という発想は無いのか? ――無いのだ。それは良くないことなのだ。ネコは昼は外で暴れているのが自然なのだ。

でも待て、イギリスといえば別に庭にネズミや鳥やウサギ(猫はウサギも狩るらしい)がちょろちょろしている田園だけではあるまい。想像だが、ロンドンというところはそれなりの人口があり、おそらくそれに見合った猫を飼っている人がいるのではあるまいか。そしてロンドンというのは多分、そこらじゅうが舗装されていて猫が排泄のために掘れるような場所があるようには考えられない。もちろん、ロンドンに行ったことはないから想像に過ぎないが。家猫として飼えばそれはトイレ砂は消費されるはずだし、むしろ、筆者は少数者ではないのか? 何かおかしくないか?

餌についての記述もそういう目で読み始めると何か変だ。

これがイギリスなのだな。

と言う具合に、何かがおかしいのだが、それでもいくつかはなるほど感もあった。

ネコ学入門: 猫言語・幼猫体験・尿スプレー(クレア ベサント/Claire Bessant/三木 直子)

むしろイギリスの猫の本ならばこちらのほうがおもしそうだ。

猫は跳ぶ―イギリス怪奇傑作集 (福武文庫)(エリザベス ボウエン/橋本 槙矩)


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|

ジェズイットを見習え